かわの内科・アレルギー科 お知らせ

かわの内科アレルギー科 ホームページを開設しました!

かわの内科アレルギー科のホームページを開設しました。



少し内容をご紹介させていただきます。
▼トップページ
http://www.kawano-clinic.net/index.html
これから鳴門の街に根ざした「地域のかかりつけ医」を目指していきたい
という想いを込めて、鳴門の街並と医院のイラストを描いていただきました。
あたたかみのあるイラストは高松在住のイラストレーター オビカカズミさんに描いていただきました。
http://www.h5.dion.ne.jp/~obicafe/

▼診療のご案内
http://www.kawano-clinic.net/clinic/index.html
診療時間やアクセスマップ,院内の様子等をご紹介しています。

▼院長プロフィール
http://www.kawano-clinic.net/clinic/profile.html
医者になろうと思ったきっかけや、この道を選ぶまでのお話を書かせていただきました。

▼アレルギー科
http://www.kawano-clinic.net/allergy/index.html
ぜんそく・花粉症・食物アレルギー・アナフィラキシーについて
分かりやすく説明させていただきました。

▼内科
http://www.kawano-clinic.net/internal/index.html
予防接種や健康診断等も行なっています。

▼お知らせ
http://blog.kawano-clinic.net/
開院前から綴ってきましたこちらのブログでは
今後も健康づくりに役立つさまざまな情報をお届けしていきたいと思います。

お時間のある時にぜひゆっくりご覧いただけましたら幸いです。
ホームページを制作してくださったSunnyday laboの中尾さん、どうもありがとうございました。

さて、いよいよ明日はかわの内科アレルギー科のOPENの日です!



徳島新聞に開院のお知らせを掲載しました

 本日8/31付け徳島新聞に、かわの内科アレルギー科の開院のお知らせの広告を掲載させていただきました。
医院の建築にあたっては、亀井組様をはじめ多くのみなさんに大変お世話になりました。
ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

徳島新聞広告

開院準備中です!

 かわの内科アレルギー科は9/1(木)の開院に向けて着々と準備を進めています。

かわの内科アレルギー科 鳴門市にまもなく開院!外観はこのような感じ。
鳴門総合運動公園の北側すぐ近くにあります。
南隣は素敵なお花屋さん「花のアトリエりんご屋」さん。
http://www.ringoya87.com/

かわの内科アレルギー科 鳴門市に開院!待合室は白を基調に、ゆったりとしたスペースになっています。




咳が気になる方のための待合室咳が気になる方のための待合室も設けました。
かわの内科アレルギー科ではぜんそくの治療にも力を入れています。
http://www.kawano-clinic.net/allergy/asthma/










ぜんそくの治療吸入器も3台設置。

処置室処置室は半個室でゆったりとリラックスして治療をしていただけるように。












おくすり処方おくすりも院内で処方いたします。
かわの内科アレルギー科では、
薬の服用方法について熱心に指導をし、患者さんの症状をいちはやく軽減したいと考えています。

どのようなささいなことでも、分からないことがございましたらお気軽にお尋ねください。







子どもたちも..開院前の今は、3人の子どもたちの遊び場に...笑。

でも、開院までの期限付き。












2011年9月1日の9時開院です。
かわの内科・アレルギー科は、小児から成人までの内科全般およびアレルギー疾患の治療を行なっていきいます。
地域のかかりつけ医として、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

医療機材を搬入しました

レントゲン、エコーなど医療機材を搬入しました。
来週からはスタッフの研修もはじまります。







鳴門に引っ越してきました

クリニックの建物も無事完成し、2005年より家族で移り住んだ横浜から鳴門へ引っ越してきました。
これからこの地域にしっかりと根ざして、地域のみなさまの健康づくりのお役に立ちたいと思います。

これから9月の開院に向けて慌ただしくなりそうです。
まずは荷物の開梱、片付けです。

暑い日が続きます。
庭木にもしっかり水やりをしなくては!


ブログをはじめます!

 はじめまして。

かわの内科・アレルギー科は2011年9月に
徳島県鳴門市立岩に開院します。

医院が開院するまでの様子もブログを通してお伝えしたいと思います。


| 1/1PAGES |