かわの内科・アレルギー科 お知らせ

吸入薬の使い方

粉の吸入薬エアー製材の吸入薬があります。
エアー製材の吸入について書きますが、粉の薬の場合は()の中を参考にしてください。

  1. 吸入薬を口の前に準備します
    (粉の吸入薬は粉が出る状態にセットします)
  2. 息を吐き出します
    これが大事。息を吐いておかないと十分に吸入できません
  3. 息を吸い込み始めると薬が出るように容器の底を1回押します
    粉の吸入薬の場合は息を吸うだけで良いです
  4. 息を吸い込み終わったら、息を止めてゆっくり心の中で1,2,3,4,5と数えてください
  5. 息をゆっくりと吐き出します。
    (裏技;鼻炎がある人は口をつぶって鼻から息を吐くと鼻炎症状―特に鼻ずまり―に有効です)
  6. うがい(or歯磨き)をします。
    口内炎の予防です。吸入の後にうがいをするのは煩わしいと感じる方は、洗面所に吸入薬を置いておいて、歯磨きの前に吸入する習慣にすれば煩わしさが軽減します。
    外出先などすぐにうがいや歯磨きができない場合はジュースを飲んだり、おやつを食べたりすると口の中に残った吸入薬を食べ物や飲み物とくっついて薬が口の中に残るのを防げます


点鼻薬の使い方

 1.うつむいて上に(喉の奥に向かって)噴霧します
人の顔は鼻が目から口の方向に縦についているように見えます。
しかし、鼻炎に関係した部位の空気の通り道は喉の方向に向かってほぼまっすぐに通っています。
つまり、前を向いた状態で上向きに点媚薬を噴霧すると、鼻の天井に薬がついて鼻炎に重要な部位には薬があまり届きません。
ミストの製材など真上に噴霧するタイプの物は顎を引いたうつむいた姿勢で、喉の奥に到達させるイメージで噴霧しましょう。

2.鼻が詰まっているときは、鼻が通っているほうの鼻に噴霧します
鼻が詰まるのは鼻の奥が腫れてきています。鼻がとおっているときに奥に薬を到達させれば、次に詰まってくるのを予防でき、症状が軽くなります。
両側の鼻が同時に詰まることは少ないので、詰まっている側の鼻は通ってから噴霧すると効果的です。
詰まっているほうへの噴霧は、鼻の前のほうだけ薬がついて、肝心の鼻の奥には薬があまり行かないので効果が少ないです。


目薬の使い方

1.石鹸で手を洗いましょう。
2.まつ毛や皮膚に触れないように1滴たらします。
3.上を向いて静かに目を閉じます
4.目がしらをかるくおさえます

  • 点眼後すぐにマバタキをするのはいけません。
    (せっかくの液が流れてしまいます。)
  • コンタクトレンズを使用している方は点眼後10分あければコンタクトレンズをつけることが可能です。
  • 2種類以上の点眼薬を使用する場合は、前の目薬を使用してから5分あけて次の目薬を使用してください。
    (5分以内の使用は2つの目薬が混ざる可能性があり良くありません)


| 1/1PAGES |

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

記事を検索する

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>