かわの内科・アレルギー科 お知らせ

小麦加水分解物含有「茶のしずく」石鹸の問題について

 最近「茶のしずく」石鹸を利用していた方が、
小麦を含む食品(ピザ、パスタ、パンなど)を食べて運動をすると、
アレルギーがでたという話が最近話題になっています。
日本アレルギー学会で詳しく説明されています
http://www.allergy.go.jp/allergy/flour/index.html

内容を少し引用してみますと、

「典型的な症状の方はまず、石鹸を使用した時に、眼のかゆみや皮膚のかゆみ・鼻炎症状が始まります。

しかし、石鹸を使用した時の症状は必ずしも強いものではなく全く自覚の無い方も少なくありません。

石鹸の使用を続けると、この石鹸使用時の症状は少しずつ悪くなっていきます。


小麦を食べた時のアレルギー症状は、患者さんによって様々ですが、眼のかゆみや眼の腫れ、顔のかゆみや顔の腫れ、鼻炎症状などの、石鹸を使用した時に出るものと同じような症状がでることが多いようです。

アレルギー症状が軽い場合は、眼や鼻、顔の症状だけのこともありますが、症状が重篤な場合は、腹痛・下痢、血圧低下、ふらつき、呼吸困難などの様々な症状が出現します。


小麦を食べた時に必ず症状が起こるとは限りません。
小麦を食べた後運動をしたときにのみ、食物アレルギーの症状が起こる患者さんも少なくありません。
これを小麦依存性運動誘発アナフィラキシーと言います。」

 


アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)は食べ物として口から入ってくるとアレルギーを起こすことは少なく、皮膚から入ってくるとアレルギーを起こしやすいということが最近分かってきました。

つまり石鹸で少量ずつ皮膚から小麦成分を吸収されていることによりアレルギーが起こりやすくなり、最終的に小麦による食物アレルギー食物(小麦)依存性運動誘発アナフィラキシーが起こったということです。

また、食物依存性運動誘発アナフィラキシー食物摂取運動が合わさって起こりますが、運動というのはジョギング・テニスなどのみなさんが想像する運動だけでなく、入浴・歩くことでもアレルギー反応を誘発します。

このようなことは特別に小麦だけにおこることではありません。
最近は石鹸にフルーツやチョコレートなどを混ぜた石鹸が出ています。

食べ物でアレルギーがでてきた場合は石鹸など、皮膚からアレルギーのもとが入ってきている可能性も考える必要があります。

| 1/1PAGES |

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

記事を検索する

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>