かわの内科・アレルギー科 お知らせ

ぜんそくの自己管理

 「ぜんそく」の方はピークフローメーター(PEFR)という簡易型の呼吸機能検査器を利用して自分の状態をチェックする方法をご紹介します。

ピークフローメーターとは、自分が思いっきり強く吐く息のスピードを測定するものです。
調子がよく、気管支が大きく広がっているときは速いスピードが出ます。
一方で、発作が起こりそうなときは気管支が狭くなっているので吐く息のスピードが遅くなります。

このスピードを朝晩に測定してノート(ぜんそく日誌)に記録します。
スピードが遅い時は、症状がなくても発作が起こりそうな時であるので注意をして無理をしない生活をする。
スピードが速く出ているときは、調子が良いのでたまっている仕事もまとめてやってしまうなど生活の自己管理に利用します。



最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

記事を検索する

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>