かわの内科・アレルギー科 お知らせ

小麦加水分解物含有「茶のしずく」石鹸の問題について

 最近「茶のしずく」石鹸を利用していた方が、
小麦を含む食品(ピザ、パスタ、パンなど)を食べて運動をすると、
アレルギーがでたという話が最近話題になっています。
日本アレルギー学会で詳しく説明されています
http://www.allergy.go.jp/allergy/flour/index.html

内容を少し引用してみますと、

「典型的な症状の方はまず、石鹸を使用した時に、眼のかゆみや皮膚のかゆみ・鼻炎症状が始まります。

しかし、石鹸を使用した時の症状は必ずしも強いものではなく全く自覚の無い方も少なくありません。

石鹸の使用を続けると、この石鹸使用時の症状は少しずつ悪くなっていきます。


小麦を食べた時のアレルギー症状は、患者さんによって様々ですが、眼のかゆみや眼の腫れ、顔のかゆみや顔の腫れ、鼻炎症状などの、石鹸を使用した時に出るものと同じような症状がでることが多いようです。

アレルギー症状が軽い場合は、眼や鼻、顔の症状だけのこともありますが、症状が重篤な場合は、腹痛・下痢、血圧低下、ふらつき、呼吸困難などの様々な症状が出現します。


小麦を食べた時に必ず症状が起こるとは限りません。
小麦を食べた後運動をしたときにのみ、食物アレルギーの症状が起こる患者さんも少なくありません。
これを小麦依存性運動誘発アナフィラキシーと言います。」

 


アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)は食べ物として口から入ってくるとアレルギーを起こすことは少なく、皮膚から入ってくるとアレルギーを起こしやすいということが最近分かってきました。

つまり石鹸で少量ずつ皮膚から小麦成分を吸収されていることによりアレルギーが起こりやすくなり、最終的に小麦による食物アレルギー食物(小麦)依存性運動誘発アナフィラキシーが起こったということです。

また、食物依存性運動誘発アナフィラキシー食物摂取運動が合わさって起こりますが、運動というのはジョギング・テニスなどのみなさんが想像する運動だけでなく、入浴・歩くことでもアレルギー反応を誘発します。

このようなことは特別に小麦だけにおこることではありません。
最近は石鹸にフルーツやチョコレートなどを混ぜた石鹸が出ています。

食べ物でアレルギーがでてきた場合は石鹸など、皮膚からアレルギーのもとが入ってきている可能性も考える必要があります。

ぜんそくの検査法「アレルギー検査」

ぜんそくを引き起こすアレルギーの原因ダニが一番多いですが、原因不明の方もたくさんいます。
このような方に血液検査皮膚検査を行って原因を推測していきます。

血液検査・皮膚検査
何が原因でアレルギーが起こっているかを調べる検査です。
人によってそのアレルギーが「ぜんそく」だったり、花粉症だったりするわけです。
ですので検査自体の説明は花粉症などのアレルギー検査と同じ方法になります。

ぜんそくの検査法「問診票」

食事の時や後に咳が増えるか(誤嚥)、鼻水が喉の奥に流れていないか(蓄膿・鼻炎に伴う咳)、空腹時に胸やけがあるか(胃酸の逆流)など、ぜんそくの現在の症状をチェックすることで現在のぜんそくの状態は落ち着いているのかどうかを判断します。


ぜんそくの検査法「呼吸機能検査」と「 呼気一酸化窒素濃度(FeNO)」

 「呼吸機能検査」とは、いわゆる肺活量の検査といわれているものです。
1回の呼吸機能検査でぜんそくが非常に疑わしいということが分かる人もいます。
1回目は大きな異常がわからなくても、気管支を広げる吸入薬を吸入後にもう一度呼吸機能検査を行う(気道可逆性検査と言います)と改善していたり、検査の数値は変わらなくてもすっきりとしたような自覚症状に改善がみられる方はぜんそくの可能性が考えられます。


呼気一酸化窒素濃度(FeNO)とは吐く息の中の一酸化窒素濃度を測定し、ぜんそくなどのアレルギー性炎症の程度がわかる検査です。
私が勤務していた横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンターでは全員に毎回測定していました。
息を吐くだけでできるので簡便でいい検査ですが、保険が利かないのでまだ当院では採用していません。


吸入薬の使い方

粉の吸入薬エアー製材の吸入薬があります。
エアー製材の吸入について書きますが、粉の薬の場合は()の中を参考にしてください。

  1. 吸入薬を口の前に準備します
    (粉の吸入薬は粉が出る状態にセットします)
  2. 息を吐き出します
    これが大事。息を吐いておかないと十分に吸入できません
  3. 息を吸い込み始めると薬が出るように容器の底を1回押します
    粉の吸入薬の場合は息を吸うだけで良いです
  4. 息を吸い込み終わったら、息を止めてゆっくり心の中で1,2,3,4,5と数えてください
  5. 息をゆっくりと吐き出します。
    (裏技;鼻炎がある人は口をつぶって鼻から息を吐くと鼻炎症状―特に鼻ずまり―に有効です)
  6. うがい(or歯磨き)をします。
    口内炎の予防です。吸入の後にうがいをするのは煩わしいと感じる方は、洗面所に吸入薬を置いておいて、歯磨きの前に吸入する習慣にすれば煩わしさが軽減します。
    外出先などすぐにうがいや歯磨きができない場合はジュースを飲んだり、おやつを食べたりすると口の中に残った吸入薬を食べ物や飲み物とくっついて薬が口の中に残るのを防げます


点鼻薬の使い方

 1.うつむいて上に(喉の奥に向かって)噴霧します
人の顔は鼻が目から口の方向に縦についているように見えます。
しかし、鼻炎に関係した部位の空気の通り道は喉の方向に向かってほぼまっすぐに通っています。
つまり、前を向いた状態で上向きに点媚薬を噴霧すると、鼻の天井に薬がついて鼻炎に重要な部位には薬があまり届きません。
ミストの製材など真上に噴霧するタイプの物は顎を引いたうつむいた姿勢で、喉の奥に到達させるイメージで噴霧しましょう。

2.鼻が詰まっているときは、鼻が通っているほうの鼻に噴霧します
鼻が詰まるのは鼻の奥が腫れてきています。鼻がとおっているときに奥に薬を到達させれば、次に詰まってくるのを予防でき、症状が軽くなります。
両側の鼻が同時に詰まることは少ないので、詰まっている側の鼻は通ってから噴霧すると効果的です。
詰まっているほうへの噴霧は、鼻の前のほうだけ薬がついて、肝心の鼻の奥には薬があまり行かないので効果が少ないです。


目薬の使い方

1.石鹸で手を洗いましょう。
2.まつ毛や皮膚に触れないように1滴たらします。
3.上を向いて静かに目を閉じます
4.目がしらをかるくおさえます

  • 点眼後すぐにマバタキをするのはいけません。
    (せっかくの液が流れてしまいます。)
  • コンタクトレンズを使用している方は点眼後10分あければコンタクトレンズをつけることが可能です。
  • 2種類以上の点眼薬を使用する場合は、前の目薬を使用してから5分あけて次の目薬を使用してください。
    (5分以内の使用は2つの目薬が混ざる可能性があり良くありません)


ブログをはじめます!

 はじめまして。

かわの内科・アレルギー科は2011年9月に
徳島県鳴門市立岩に開院します。

医院が開院するまでの様子もブログを通してお伝えしたいと思います。


<< | 2/2PAGES |